平等であるべきなのか

教育が平等であるべきなのかは、とても大きな問題です。教育の現場に大きな変化をもたらすためには、平等であることをやめた方がよいという意見も数多くあります。その理由は、競走力をつけられないためです。例えば、小学校などでは全ての児童が100点をとれるように指導している所があります。必ずクラス全員が100点をとれるようにするのです。そのため、出来る子はわかってしまっている授業を何度も聞かなければならなくなります。出来ない子にあわせる授業を行うため、出来る子にとってはとても退屈な授業になるのです。進学校などに行けば、習熟度別にクラスが分けられますが、小学校などでは平等がとても重んじられることが多いです。同じようにすべての児童が出来ることを目指しているためです。このような状態は、競争力や意欲をそぐ可能性があります。習熟度別にクラスを分けるようにして、競争力を身につけさせていくことがとても大切なことなのです。

平等であるべきなのか

授業での接触しかないと

親との問題が起きがちは

昔ながらスタイルとの違い

Copyright© 2015 教育の現場に大きな変化を All Rights Reserved.