時代と共に変化が必要になる現場

教育は、時代の変化に連れて方法を変えていくことがもっとも求められる分野です。主たる対象が周囲の環境の影響を強く受ける子供であることが理由です。たとえば、テレビゲームやスマートフォンの普及によって、個人個人でも遊べる時代になってきたため、放課後の子供たちが集団で遊ぶ機会が少なくなっています。友達の家に集まって同じ場所にいても、やっていることは1人ずつバラバラであれば、人間関係を構築していく訓練にはなりません。こうした社会の変化に対応する形で、遠足や修学旅行の学校行事の際にグループ行動をさせ、集団生活における規律の守り方や対人コミュニケーション能力の向上を積極的に図っていくことが学校教育の現場に求められています。また、女性の社会進出が進んできており、共働き世帯が増加しています。その結果、両親とのコミュニケーションの機械が少ない子供が多くなっています。親とのコミュニケーションは子供が気兼ねなく大人と触れ合える貴重な機会であり、大人の世界への第一歩を踏み出すきっかけにもなります。また、子供同士では解決が難しいトラブルに遭遇した際にも気軽に相談しやすい相手が身近にいることで、子供たちは安心して生活できます。こうした機会が失われつつある時代に対応して、学校ではスクールカウンセラーの設置などの対応が必要になります。また、通常授業の期間のみならず、放課後や長期休み期間中などにも学童保育施設を充実させることで、子供が大人と触れ合える機会を一定程度確保してやることが健全な青少年の成長のためには不可欠です。時代が変化しているにもかかわらず、「子供の面倒は親が見るもの」などといった旧態依然の考えに固執していると、子供たちの心はどんどん荒んでいきます。子供の発達が適切に進んでいないことに気付くのは、そうした子供たちが大人になってからであることが多いため、時代の流れに臨機応変かつスピーディーに対応して教育のあり方を変革していかないと、手遅れになってしまいます。

平等であるべきなのか

教育が平等であるべきなのかは、とても大きな問題です。教育の現場に大きな変化をもたらすためには、平等であることをやめた方が・・・続き

平等であるべきなのか

授業での接触しかないと

親との問題が起きがちは

昔ながらスタイルとの違い

Copyright© 2015 教育の現場に大きな変化を All Rights Reserved.