授業での接触しかないと

インターネットやSNSが急速に普及し、教育を施そうとしても子供たちの側が子供だけのコミュニティーを作ってしまい、大人が入っていきにくい時代です。こうした時代において適切な教育を行うためには、授業の際に教員が積極的に生徒と接触するしかありません。大多数の生徒は、授業中に教員からコミュニケーションしてくることには違和感を感じていないため、警戒心が解かれています。そのため、子供たちの心に訴えかける貴重な機会となります。子供たちの側も、時代が変化しつつあるとはいえ、やはり大人とのコミュニケーションを一定程度必要としています。いくら子ども同士で密なコミュニティーを作っていたとしても、安心して頼れる存在が特に小中学生にとっては不可欠です。ネット時代だからこそかえって友人との距離感を感じている子供もいることが報告されており、授業というチャンスを教員が積極的にとらえて、子供たちの心に生じる穴をしっかり埋めてあげることが求められています。

平等であるべきなのか

授業での接触しかないと

親との問題が起きがちは

昔ながらスタイルとの違い

Copyright© 2015 教育の現場に大きな変化を All Rights Reserved.