昔ながらスタイルとの違い

教育の現場において、未だに昔ながらのスタイルで指導が行われていることがあります。暴力や恫喝といった力により、反抗を抑えることです。しかし、その方法には欠点があります。怒る人がいないとき、つまり隠れて悪いことをしてしまう子供がいるからです。そうなると、より指導者は目を配らせなければなりません。そして目を配るといっても限度があります。したがって、このような昔ながらスタイルには実は限界があるのです。では、今すべき正しいスタイルとは何かですが、それは徹底して相手の話を聞くこと、それに対して納得させる言葉を与えることです。昔とは正反対であり、違いすぎる方法ですが、これが最も優れています。それにより子供自身の考えを変えることができれば、あとは目を配る必要がなくなります。自身で責任を持った行動ができるはずです。ただし、指導者にはより高いレベルのスキルが求められます。粘り強く聞く、話すという姿勢が必要になります。

平等であるべきなのか

授業での接触しかないと

親との問題が起きがちは

昔ながらスタイルとの違い

Copyright© 2015 教育の現場に大きな変化を All Rights Reserved.